腰痛の注意点とは!?

間違った筋トレは腰痛になりやすい

投稿日:

健康のためや腰痛改善のために筋トレを始めたのに、却って腰痛を悪化させてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?もしかしたら間違った筋トレをしていたのかもしれません。腰痛改善に良い筋肉トレーニングについてみてみましょう。

インナーマッスルを鍛える

腰は全体重を支える大切な部位であるにもかかわらず、脊椎のみで支えています。そのため、不安定な脊椎をその周りの関節、靭帯、筋肉で補う必要があります。

腰回りの筋肉を鍛えるためには、腹筋や背筋などの外側の筋肉を強化することが重要だと考えられていました。しかし、近年では身体の外側からアプローチするのではなく、身体の内側にある深層の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることが大切だということが分かってきました。

コアマッスルで腰を鍛える

コアマッスルとは、インナーマッスルの中でも体幹(胴体)にある筋肉のことを指します。
腰痛などに効果があるのは腹横筋と多裂筋の強化だといわれています。

特に腹横筋は、様々な動作に関わる大切な筋肉です。これらの筋肉を鍛えるトレーニングを紹介しましょう。

ブリッジとアームレッグクロスレイズ

ブリッジは膝を立てて仰向けに寝て、お尻を持ちあげて肩から膝が一直線になるようにして20秒ほどキープします。

アームレッグクロスレイズは、四つん這いになって右手と左足を上げてバランスを取りながら20秒ほどキープしたら、反対の左手と右足を上げてキープします。

いずれも3セット行います。これらの運動でコアマッスルを鍛えることができるといわれています。

既に筋トレで腰痛が起きてしまっているという場合は、無理せずにゆっくり休養するようにしましょう。

-腰痛の注意点とは!?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

腰痛と脚がしびれる症状を感じたら気をつけよう。

普段から腰痛があるが、脚もしびれるようになってきたという場合は注意が必要です。 腰から脚にかけての神経は、背骨の腰の部分にある腰椎を通っています。この腰椎が変形している等の場合、神経が圧迫されて痛みや …