腰痛の注意点とは!?

腰痛と脚がしびれる症状を感じたら気をつけよう。

投稿日:

普段から腰痛があるが、脚もしびれるようになってきたという場合は注意が必要です。
腰から脚にかけての神経は、背骨の腰の部分にある腰椎を通っています。この腰椎が変形している等の場合、神経が圧迫されて痛みやしびれがでることがあるのです。

放っておくと、歩行困難な状態になることもあります。どのような病気が隠されているのでしょうか?

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア

背骨を形成している椎骨(ついこつ)と椎骨の間に、平たく楕円の椎間板があります。本来ならば椎間板は背骨のしなやかな動きを助けているのですが、加齢やスポーツなど何らかの理由で、変形して飛び出してしまった状態を腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

この飛び出した部分が神経にぶつかると、激しい痛みや脚のしびれとなって表れます。重症化すると神経に繋がる筋肉は麻痺して、筋力低下によって膝がガクッと折れたり、歩行困難、排尿障害になったりします。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

腰椎には神経が通っている脊柱管があります。この脊柱管が押されたり、変形したりして狭くなることで内部神経が圧迫され、血流も悪くなります。その結果、痛みやしびれが表れます。

歩き始めは痛みがありませんが、歩き続けることで痛みやしびれを感じるのが特徴です。重症化すると長く歩けなくなり、立っているだけでも痛みを感じるようになります。

腰椎すべり症

腰椎のズレによって神経を圧迫して腰痛になります。大人は脚にも痛みが起きることがあります。悪くすると歩行障害や排尿・排便障害になることもあります。

しびれの感覚があったら、先延ばしせずに早めに整形外科を受診しましょう。

-腰痛の注意点とは!?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

間違った筋トレは腰痛になりやすい

健康のためや腰痛改善のために筋トレを始めたのに、却って腰痛を悪化させてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?もしかしたら間違った筋トレをしていたのかもしれません。腰痛改善に良い筋肉トレ …